JOJO立ちyeah!!!!!


by sexual_kota
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:kotaの日記( 159 )

  どうも昨日ぶちまけたプラモデル用接着剤の気化したものの影響なのか

今年始まって以来の吐き気に襲われ、今空気清浄機と蜜月関係にあります

kotaです。机の整理も紳士のたしなみですね。


  そんなわけで今日は寝込んでいるのですが、いかんせんやることがあり

ません。そのようなとき私は理性的存在者たる物が持ち合わせる思考という

能力を活発化せしめるのである。要するにやることが無いからただ妄想する

だけなのである。


  今日の妄想トピックは「中年以上の女性に短髪くるくるパーマの淑女が

多いのはなぜか。」です。この妄想にいたった経緯は、とある映画で黒人の

集団が登場するシーンがあり、それを思い出して「あ~黒人って集まると

みんなおんなじ顔に見えるワー。日本人ってさ~もっとこうさ~、いや、

おばちゃんってみんなおんなじ格好してる気がするな~例えばさ~くるくる

ぱーま?」みたいな感じに至ったのである。


  正直このオピニオンには科学的な統計の裏づけが一切ないということを

断っておこう。しかしながら、どういうわけだ。メディアでポップな雰囲気な

番組で登場する「大阪のおばちゃん」、など代表する中年以上の女性像、

とくに下町によく現れる女性の方々にはこのヘアスタイルが多い気がするは。


  私は以前「政策・情報学生交流会」というイベントである経緯からそのような

女性像を絵にして、全国から集まった学生達に向かって発表したことが

あるのだが、そのときに突っ込みが一切無かったことを考えると私と同じ

イメージが全国的に蔓延していることはおそらくむげには否定できまい。


  女性も年とともに髪の毛が細くなりボリューム不足に悩む方々が大勢

いるとCMで聞いたことがあるが、あのヘアスタイルはそれに対する対策

なのか。それにしても、あそこまで短くしてパーマにするのではもともこも

ないのではなのではないか、という気もするが。


  私はぜひ女性の意見を伺ってみたい。現在のところ私と同年代の女性

の知り合いの中でそのような髪型をしているは、いわゆるヒップホップと

いうジャンルのファッションに傾倒していたり、カジュアルファッションの一環

としている人がほとんどで、「何が何でもこの髪型なの!そうったらそうなの!!」

とライフプランにその髪型を組み込んでいるような雰囲気はない。あくまで

彼らの髪型は流動的である。しかしながら私は近所の淑女でその髪型を

している人で生まれてから髪型を変えたところを見たことがない人を少なくとも

五人は知っている。ちなみに私の母はちょくちょく髪型を変えていてその部類に

は入らないのだが。今若さを謳歌している女友達諸君の中でいつかそのような

変身を遂げる人はいるのだろうか。その変身を遂げるときの心境はどうなの

だろうか。


  ここでその心境をかんがみる上で、2つの可能性を考慮することにする。

一つは、瞬発的変身説。そしてもう一つが、段階的変身説。断っておくが、今

私はそのような髪型をしている女性方をこき下ろしている気持ちは一切ない。

ただ単に私の意識内で醸成されたそのような髪型をキープする女性多数説

について考察する上で私が考えたロジックと可能性論の話をしているので

ある。例えるなら、大阪のアメリカ村に多く存在する奇抜なファッションの若者

がどうしてあのような歌舞伎のような格好を好むのかと、純粋に考えることと

レベルは変わらない。つまり自分と違う価値観に対しての関心が強いだけで、

決して敬意を忘れているわけではない。


  話が横道にそれたが、前者はある時期の趣向の変化や、冒険心から、

もしくはたまたま入ったヘアサロンがその系統のスタイルしか提供していな

かったためなど、ある特定の理由によりその髪型を選択ることとなり、以来

その髪型を気に入るなどしてキープし続けるという説。


  後者はそれに対して、経年による身体、特に毛髪やファッションの変化に

対応するため、試行錯誤した後に、結果的にこの髪型にたどり着いたという

説である。


  この両者に違いはまだまだ検証の余地が大いにあるが、今のところわかる

明確な違いはその髪型を好みで自ら進んで取り入れているかそうではないか、

ということに尽きる、というところだろうか。もし前者ならそれは非常に結構なこと

だと思う、その好みに至った経緯はどうあれ彼女らの好きなヘアスタイルを楽しんで

いるといえる。しかし後者の場合は状況は少し複雑さが増すように思われる。それは

結果的にその髪型になったということは、少なくともその髪型に不満を抱いているが

その髪型しかできないという状況が考えられることになるからだ。関連企業群にも

おそらくこのケースを考慮して商品展開をしている企業が存在するようだ。

例えばクリップなどで留めるかつらなどが盛んに通販で宣伝されているところ

が記憶に新しい。女性の美しさを求める姿勢はどの年代の女性にとっても普遍的

でビジネスチャンスは尽きることが無いのである。


  最後にもう一度断っておくが、これは私がこれまでにメディアや実体験を

基にした経験的なデータが作り出した「中年以上の淑女は短髪パーマの人

が多い。」という半ば独断と偏見で構成されているといっても過言ではない前提

を基に考え出したものである。事実短髪パーマ意外の髪型をしてる女性は大勢

いるし、むしろ前提の中にあるヘアスタイルは逆にマイノリティーである可能性

すらある。(そうなったとしてもそのヘアスタイルに対する関心を現象せしめる

何者にもなるものではないが。)



  まあ要するに私が先日不注意を起こしたことにより、いわば自業自得ともいえる

吐き気という報いを耐え抜くべく私の本能が作り出した幻想でしかないと言っても

よいだろう。しかしながらある程度の事実の一側面をついていることを私は願って

止まないのだ。なんだか昨日の夜に哲学書を読んでしまったので今日の口調は

少しそれらしくなっている気がするぞ☆そんなおっちょこちょいで影響されやすい

妄想大好きkotaなのであった。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-23 13:12 | kotaの日記
  どうも机の上に液体のプラスチック用の接着剤をぶちまけてしまい、

部屋中をシンナー臭くしてしまいましたkotaです。そろそろ幻覚が見え

出しても良いころでしょうか、掃除に大あらわです。


  冒頭からも解るように、今日も一日家に引きこもって模型を作って

いました。はい、世間様に根暗といわれても文句すら言えない有様で

すね。そんなわけで今日唯一外出した活動の話とそこから考えたこと

を一つお話いたしましょう。


  今日唯一外出したのは自宅から徒歩103歩(因みにJR大阪駅の

御堂筋口から桜橋口までは大体211歩くらいです。)くらいの場所に

あるお好み焼き屋「かどよし」で飯を食ったことでした。本当に交差点

の「角」にあります。そこの大将とお上さんは気の良い人で毎日地元

の常連さんたちとやんや言いながら元気に商売しています。味もかなり

おいしいです。ここは私が生まれたときから営業していて、来年から

地元を離れるため、あのお好みも食べられなくなるのかって干渉に

浸りながらも食は進みました。全く本能と感情とは必ずしも一致した作用

をしないということがよくわかります。


  まあ私が地元を離れて、私自身があのお好みを食えないくらいなら

誰も困りませんし、日本の政治が悪くなることもありません。しかし

今日見た読売放送が日曜に放映している「そこまで言って委員会」で

日本の食料自給率のトピックが取り上げられていたのを見てその

問題は実は、皆が困って、日本の政治が悪くなりかねないことに繋がって

いるのではあるまいかということも考えられるようになったのです。


  その番組によると、「日本は『飽食の国』ではなく『隠れた食糧危機

の国』・・・自分の国で食べる食料を国内でどれだけまかなったかを表

す『食料自給率』は50年前で78%でした。しかし今やわずか40%で

先進国で断トツの低さ。現在、中国やインドなどは生活レベルの向上

で輸入を拡大しており、『世界的な食料の奪い合いがすでに始まって

いる』と識者は警告しています。『世界食料戦争』で日本は生き残れる

のでしょうか・・・ここで皆さんにお伺いします。食料自給率を上げるに

はどうすればいいと思いますか?」(括弧内番組HPより抜粋) だそうです。

  そんでもってそれの何が私に問題なのかというと(全体的に大問題

なのですが、)それは番組によると食料危機が起きると困るのは関西人

でたこ焼きやお好み焼きの材料は価格が高騰して庶民の料理である

はずのそれらが手に入らなくなるのだそうです。そんなことが起こったら

大阪の皆さんも困りますし、will(私が所属するバスケットボールサークル)

の宴会場も経営不振になりますし、ましてや食糧難で日本の政治が

荒れることなど言うまでもありません。


  さらに私のこの無駄な危機感を煽り立てたのが私自身の妄想壁で

食料難で材料が手に入らなくなったあの「かどよし」の大将とお上さん

が悲しそうな顔をするのを妄想してしまい、かなり悲しい気持ちになり

模型制作にも身が入らないし、接着剤こぼすし、掃除はかどらずに部屋

がシンナー臭くなって幻覚見そうな気分になるし、さらにそれがまた

あの店の人らの悲しい顔が浮かぶことに繋がるし、掃除に忙しくて

トイレに行けないし、でもうネガティブスパイラル急降下になりましたね。


  まあ実際どれだけ信憑性があるかは謎で有名(?)な番組なはずなんで

そんなに凹むことは無いとは思いますが(というよりこれは根本的に

私の『流されやすさ』に問題があります…。)、それでもこれからありえる

問題ではあります。いや~家に引きこもるといい考えが浮かばないの

で困ったもんです。食料難…。皆さんどうお考えになりますか?皆さん

の食卓からご飯が消える。そんな未来は全うごめんなkotaなのでした。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-22 22:31 | kotaの日記
  どうも今日生まれて初めて瞬間接着剤を使い切りましたkotaです。

いつもキャップをしているのにカチカチに硬化させてしまうので、かなり

やってやった感に満ち溢れてます。


  いや~ほんと今日は書くネタが無いです。っちゅーわけで今日

はブログの宿命である「ネタ不足」をきっかけにこのブログについて

私が考えたことををつらつらといきます。ちなみにこれはタイトル

にあるような専門的な知識の裏づけ無しに私が勝手に一人で考えた

文章なんでそのあたりの間違いなどがりましてもご容赦ください。

そうそう、こないだ友人のOTさんと話してHPのクオリティは内容と

更新頻度によって大きく左右されるのではないかということが話題に

上がりました。


  そのことから今私が運営しているkota's life2について考えてみる

と、まあ更新頻度は今年に入ってから及第点ってとこかな~と考えて

いるのですが、問題は記事のクオリティーですね。


  クオリティーといってもその作成意図や、スタンスによって基準は

流動的なものになりますが、私にとってこの場でのクオリティーは読者

の方々にどれだけ私が書く記事を楽しんでいただけるかという基準

で暫定ですが考えています。このへんはマーケティング的な話になって

くるのでしょうか。このブログは一日に平均25名ほどの方々に訪問

いただいているわけですが、これはコンビニのポスシステムのように

「誰がいつどのような状況で」等がわかるような質の良いデータではないのです。

つまり、ユーザーである読者の方々のニーズがかなり絞込みにくい

ので、五里霧中的な状況で手探りの記事作成が続いていますw


  正直日記を書いているだけなのでそんなに悩むことはないのでは、

という指摘も当然いただきそうなものなのですが、それでも私にとって

細かいデータは、記事の言葉選びや、一つのトピックに対する切り口

の方向性などに影響してくるのです。


  ここに至ってこのブログの方針転換も考えられます。現在

このブログの方向性としては作者の私の私生活を読者の方々にとって

不快にならない程度に楽しんでいただける記事を提供するというもの

のつもりでやっているのですが、例えば、これから作成しようと考えて

いる趣味のHPのコンテンツの一つとして、作業工程の発表などに

使用目的を絞るとか、今までに何度かやっているように非公開完全

個人ようの単なる箇条書き日記にしてしまうとか考えられます。


  正直後者に関してはブログの存在理由自体が無くなってしまう

ようなスタンスなのでまずすることは無いですが、前者はこれまでに

多くの方が採られている手法なので検討していこうと考えています。

まあ他には、ベーシックとして文章力の向上や、トピックの作り方

など、「ネタ不足」状態の慢性化を防ぐ対策や、写真などを充実

させることや、詩などの文学的なエッセンスを入れていくことなど

色々可能性はまだ残されているはずなので、楽しみなことでも

ありますね。


  まあブログってのは人様に見せる日記形式の個人サイトなので

宿命ともいえる「ネタがない状態」というものがあるのですから、こんなに

深く考えることもないのでしょうが、私変にこだわってしまう性格な

もので、変な葛藤が起こってしまいましたwwとりあえず今は私の

文章がまとまっていないことが多いので、しっかり構成した文を

心がけることを当面の課題とします。っつーわけで、どうも本日は私のぼやき

にお付き合いいただきありがとうございます、週末のkotaでした。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-21 23:55 | kotaの日記

知のフィットネスクラブ

  どうも最近動作の端々に「あたたたたぁ…」と親父色を鮮明に出して

しまっていますkotaです。「あたたたたぁ…」って活字にすると何だか

北斗の拳みたいですね。どうでもいいですが。


  今日は我が学部が誇る哲学専門ゼミに聴講をしてきました。本日の

テーマはデカルトの「省察」という本の内容でした。ほら、「我思う、故に

我あり」を言った人の本です。そこではゼミ生が自分達で作った「省察」

の内容に関する問題を解きあって議論をするというスタイルをとっていま

した。世界史の教科書でさらっとしか書かれていないことをかなり深く

研究していて、聞いているだけの側としてはとても興味深かったです。

タイトルの通り、4時間近く頭脳をフル回転させないと追いていけない

知のフィットネスクラブでした。


  正直内容をここで披露したいところなのですが、扱う内容が内容で

誰か関係者に見られると、門外漢が付け焼刃で考えた文章を見られて

しまうことになり、とても恥ずかしい思いをすることになるので、書きません。

が、まじ理論を理論で理解しようとするひたむきな情熱にかなり刺激を

受けたことは筆舌に尽くしがたいです。なぜなら私が普段やってること

とは真逆な内容なのに、その取り組む姿勢というか疲れっぷりというか

Mさというか、先生の話の長さなど諸々のことがかなり似ているからです。



  私が所属するGゼミは理論というよりも、さまざまな状況が発生する

現実の環境で上手く生きていくためのまさに方法を中心にあつかっています。、

それが私などは最近中だるみで「あ~だり~ぜ~。」なんて不良少年

を年甲斐も無く演じてみたりしだしている次第です。そこで異世界の文化に触れて

「よし、負けてられない!!あたいもやらな!!ふん!!」ってな感じの

刺激がほしかったのでかなり良い機会でした。あのなんだかんだいって

勤勉に課題に取り組む姿勢が最近の私にはよいカンフル剤になりました☆


  まぁ、ね、そんだけです。よし☆明日からがんばろうって気分で一日

ごろねを使用と計画中のkotaでした☆


  

  
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-20 23:49 | kotaの日記
  どもども、気温があたたかくなるにつれて顔がアブラギッシュになって

困っているkotaです。油ふきふきシートに明日あたり登場願います。

  

  今日はタイトルの通り我が肉体をクチュクチュにいぢめ抜きました。まず

早朝ランニング、朝日を浴びながら地元の町内をぐるぐる回りました。途中

何度も散歩中の反対方向から歩いてくる犬にほえられて心拍数をかき乱さ

れました。

  
  次に通学中に車を運転している間に、信号から信号の間で息を止める

作戦を展開しました。通学路が田舎道で信号がない地域で行うところが

味噌です★★目指せ海猿!!

  
  そんでwill(私が所属するバスケサークル)の練習です。1年2年3年の

若いぴちぴちのベイベーたち(9割以上雄)と熱い戦いをみっちり3時間

かましてきました。もう朝から足がパンパンに張ってしょうがないです。

  
  なにもいぢめる所は筋肉だけではありません☆そう脳みそも適度に

ヤキをいれてやらないとね!4時間ほど図書館にこもって主に趣味の本読み

を行いました。これでもれなく眼球もガッツリいじめることに成功☆☆世界が

少し白みがかってみえます!素敵☆


  最後に友人と食事に行った後に、帰りの車の中でまた呼吸停止遊戯を

楽しんで無駄に心臓に負担をかけながら帰りました。いやぁ~春には変な

人がよくでると言いますが、そろそろ私もそんなマイノリティーの一人になり

つつあるのかなと、自分のこのようなマゾ的性癖をしみじみと噛締めた一日

でありました。おやすみなさい。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-19 23:22 | kotaの日記
  どうも最近飯を食うたびに胃もたれにさいなまれますkotaです。

いつの間に私の消化器官はこんなにも弱くなったのでしょうか。体質

強化作戦を立案しなければと考えている次第です。


  今日は朝まら夜まで授業でした。環境系の授業や、法律系の授業

など自分のキャリアプランに必要かと考えている内容の授業を選んで

いるので、先生の話が退屈なことを除けば外れはなくてとても楽しい

ですね。


  そうそう楽しいといえば私の火曜日の風物詩であるGゼミです。本日

の内容は4年生の任意のテーマの5分プレゼンテーションと、下級生の

プレゼン発表でした。


  4年生のプレゼンは各々の就職活動の話や、キャリアプランについて

が多数でしたが、ワークショップ形式でキャッチフレーズを作る作業の

講義をしてくれた人もいて久しぶりに楽しさでときめきました☆☆


  他にも、自分のアイデンティティーを組織に所属することにしてしまう

ことによって自分自身の可能性などを小さくしてしまうことの危険性や

ロジカルシンキングの重要性、またデザインをする人に求めれれる

能力などについてなど、皆「お前ら本当に俺と同級生か!!??」と

言いたくなるようなことが多く、脳みその活性化を果たすことができました。


  そして、今日のある意味での目玉☆下級生のプレゼンです。彼らを見ている

と一年前の自分を見ているようでかなり感慨深いものがありましたw

それと私も去年同じことをやっているのですでに知っていることも多かった

のですが、それでも忘れていた部分も多々あり、彼ら3年生のおかげで

それを思い出せたことに関して感謝したかったですね。彼らは私に刺激

を与えてくれました。今後もがんばって欲しいですね。 そんなこんなで

かなり漠然なアイディアばかり書きなぐってしまいましたwまあそれくらい

濃い一日を過ごすことができましたってことで逃走しますkotaでした☆
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-17 19:52 | kotaの日記
  どうも本日滑り込み投稿ですkotaです。今日は一日友達と大学で

つるんだり、サークルで汗をかいたり、お食事に行ったりとかなり有意義

な一日に、なるはずでした。今日はそのお話。


  終わりよければすべてよしってのはよく言ったもんで、しかしながら

終わり方が悪ければそれまでの行程ごどれほど良くとも後味が悪い

ってのもまた事実、今日はそんな一日でした。


  上記のように今日は確かに良い一日でした。ほんと得がたいくらいの

充実感でした。しかしそのような一日の締めくくりとなるべき帰路で奴は

来たのです。ちなみに私は普段から車で通学をさせていただいている

小生意気な大学生です。そんな境遇を最大限に生かしているのかいない

のか、まぁそれは置いといて、詰まる話私は楽しかった日はゆっくり

お気に入りのラジオを聞きながら帰るのが好きなのです。誰にも邪魔され

ないで、すきまくっている道をのんびり、外の風景を見ながら控えめな

音量のラジオを肴に走るのがこの上なく幸せです。


  普段はこのようなスタイルの通学だったのですが、今日は奴がいました。

そう運送トラックです。彼らからしたら走ることは単なるジョブな分けですわ。

スタイルもへったくれもない単なる金ずるなわけで、私の価値観など

共有してもらえるわけがありません。


  この価値観の共有が上手くいかないとどうなるか、そりゃもう

あおられてあおられて、しかも路肩に寄せてそいつをやり過ごそうと

考えても、道がそれを許さない田舎道なのでどうにもなりません。

一日の締めくくりはこのようにトラックにせかされてあわただしく

終わりました。くそっ、何かすっきりしません。


  そんなこんなで、トラックの運送業者にありの目玉ほどの憎悪を

抱いて、彼らのトラックの荷台に松田聖子のチョウ悪趣味な

スプレーアートをこっそり描いて指を刺して笑ってやりたい(できるなら

運転手が寝てる間に額に「肉」と書いてさらに笑ってやりたい)kota

でした。おやすみなさい。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-16 23:58 | kotaの日記
  どうもブラックホークダウンを見てて少し疲れてきましたkotaです。

今日は一日船の模型を作っていました。そこで起きた恥ずかしいネタ

を一つ。

  そう、私は模型の仕上がりはすっきり綺麗に仕上げたい人なんです。

それが今日のアクシデントの引き金となりました。今作っているのは

数十年前に発売された船のプラモデルなのですが、なんとも船の丸窓

(0.7MM数百あります。)の彫刻表現が不満だったのもので、一度全て塞いだ

後に自分のドリルでリメイクしようとしていたのです。その作業工程で

表面処理のために耐水ペーパー(紙状のヤスリ、水をつけて使用する。)

を多用したのです。そしてそれを使用するときの水滴は大量のプラスチックの

削りカスを含んでいて、それが私のGパンに付着していたのを私は

気付いていませんでした。


  夕方私は不足した材料を探しに外出した際に友人Oに出会いました。

そして彼は私の下半身を見て不振な顔をしていたのです。それを感じた

私はどうしたと聞くとO君は「お前今日かなりオイタしたんか!?w」と嘲笑

混じりに行ってくるのです。そのO君の視線の先にある自分の下半身を
 
見てみると、私のGパンには白いシミがいっぱい付いていたのです。

おそらくGパンに付着した耐水ペーパーの廃水が乾いて、含まれていた

プラスチックのカスが白くなったのでしょう。それはまるで恥ずかしいこと

をしたシミにそっくりでした。O君が不振に思うのもおかしくありません。



  いや~今度から気をつけて作業しないと思った日曜のkotaでした。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-15 22:51 | kotaの日記
  どうも久々に一日家に引きこもりましたkotaです。今日は親戚

の叔母と叔父がこちらにいらしているので、朝から家の掃除でてんや

わんやでした。よって健全な「引きこもり」はできずじまいです。ぬぅ~。


  そんなわけで今日はお掃除中私が難儀したホコリ達とのお話です。

私は一家で一番背が高いです。だから何なんだと突っ込まれると

思いますが、そう、つまり高いところの清掃は私の受け持ち区画という

感じの方程式が成り立つわけです。


  皆さんはご意識されておられるかどうかわかりませんが、おおよそ

掃除というものは上から下の方向に作業を進めるセオリーがあるので、

つまり私家族の先頭に立って(?)普段触れられない未開の区画に

手を出さないとなりません。そしてその未開の区画に彼らはいるのです。

  
 そうホコリ、一人ひとりはたいしたことのない塵なのですが、ひとたび

集団になるとものすごい厄介な代表的汚れと化すのです。(なんか

ある意味人間に似ています。)こいつらによって姑殿にいじめられた

嫁さんは果たして歴史上何人いたことでしょう。「節子さん、あなたお掃除

もろくにできないなんて、太郎さんも厄介な妻を迎えたことね~。」

見たいないちゃもんを付けられる場面はもはやベタなもんですね。


  おっと、話が横道にそれてしまいましたね。つまりそういうことなんです。

どういうことやねんとお叱りを受けそうなんですが、詰まる話そんな

妄想が私にホコリ達に対するなみなみならぬ敵対心を抱かせたことが

私の平穏なはずだったオフ日のモーニングタイムを戦いに替えてしまった

のです。


  私はがんばりました。日本の妻達を苦しめた(私の勝手な妄想)女性の

敵ども(完全勘違い)を我が家から駆逐するために掃除機やダスキンという

殺戮兵器を縦横無尽に駆使して戦いました。一番骨があったホコリは

おあつらえ向きに私の担当区画であった背の高い棚に降り積ったホコリの

膜でした。まず、奴らいるのかいないのかがわかりません。うっかり手を

出そうものなら手のひらから袖まで黒い綿のようなものが付着します。

しかも時を経ているものは、粘着力に似た性質を持っているので、なかなか

とれません。「むきぃ~!節子のカタキィ~!!」とホコリからしたら完全に

逆恨みをかまして、我が家の対ホコリ戦闘の尖兵として彼らを排除しました。


  こうして約二時間の戦闘で私はリビングルームから客間までのホコリ

の約79%は血祭りに揚げることができたと思います。こちらの損害は

着ていた洗いたての白い部屋着が灰色のナウい感じの迷彩になっただけ

でした。まあ想定の範囲内です。「節子、お前の仇は討ち果たしたよ。兄上は

そなたの墓前にきやつらの首を片手にこれより参ろうぞ…。」と、もはや

末期的な妄想をかましながら現在住み心地の良い部屋でこの文章を

書いている次第でございます。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-14 17:59 | kotaの日記
  今日は一日オフで午前中は小顔エクササイズをしていましたkotaです。

そんなわけなんですが、なぜか夜になってのど付近の筋が気色悪い痙攣

を起こしています。


  そのような午前を経て今日は午後から就職活動先で知り合った友達らと

会ってきました。今日そこで得れた大きな成果は私がどうやら「極楽とんぼ」

の加藤氏と似ているということがやはり事実であると判明したことでした。後は

友人達のシュウカツ途中経過に一喜一憂したり、メンバー一通りの恋愛話をかまし

ました。私は恐れ多くも面食いだそうです。自覚症状はないのですが。そのくせ

私は奥手のようです。もう救いようがないですねw。そんなこんなで有意義な

時間を過ごせました。

  
  まあ今日のトピックは以上なのですが、帰りに電車の車窓からふと視界に

飛び込んできた「ベビーカステラ」の屋台から、何だか無性に「ヘヴィーカステラ」

というワードが脳内で醸造されてしまい。妄想がとまりませんでした。「ヘヴィーな

カステラかぁ~……。」まるで真夏の入道雲のように妄想は果てなく広がります。

「甘さがヘヴィーなのか、重さがヘヴィーなのか、店の雰囲気がヘヴィーーなのか、

買った人達の雰囲気が思わずヘヴィーになってしまうようなヘヴィーなのか、むむむ、

なかなか手強いぞヘヴィーカステラ。いやまてよ、ヘヴィーとはheavyではなく蛇(へび)

のことだとすると話はわかりやすいぞ☆そうだ蛇のように細長いカステラなのだ、

そして恋人達はその両端から『ふがふが!』と食べてはお互いの距離を縮めるのだ!

ムフフっ…、学際で出したらこれはエロいぞ☆鼻の下伸ばしたい放題ではないか。

相手はいないが、ではないかったらそうではないか!!」とありもしない商品について

余計なカロリーを消費してしまいました。


  ううぅぅ…、貴重な友人達との交流の話よりも私の卑しい妄想の話のほうが

長くなってしまったではないか…。エンドリケリエンドリケリではなく堂本剛で

良いではないかと一人考えるkotaなのでした。
[PR]
by sexual_kota | 2007-04-13 23:32 | kotaの日記