JOJO立ちyeah!!!!!


by sexual_kota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007年 05月 07日 ( 5 )

  どうも、四つも一気に投稿して、さすがに

疲れてみていますkotaです。今日は休日の

疲れも癒えぬまま、学校へ行きました。


  
 「疲れた時程次の日は活動的に」、と意識

すると人生楽しめるかもという趣旨のコメント

を先日いただいたの思い出して。学校で読書

学習しています。


  これならaway感を感じることなく、自分の

知識を伸ばせるのでもってこいです。現在、

18:03です。そろそろwill(バスケサークル)

に行ってきます。そういえば最近サバイバル

ゲームやってない。OBさん近いうち一緒に

いきましょう。
[PR]
by sexual_kota | 2007-05-07 18:05 | kotaの日記

GW詳報④「移動」

  よし、GW後半戦日記最終日です。

■5月6日(日)「移動」

  この日は総延長490kmの道のりを取って返す日でした。

母の実家に行くとき同様、愛車で走破しました。運転中のラジオ

は馬鹿の一つ覚えのように「GW最終日」と連呼していました。


  もう道路が混んでも、雨が降っても、紫外線が強くても、事故が

起きても、電信柱が長くても、キリンの首が長くても、たこ焼きが

高くても、とにかく「GW最終日」と言えば許されるかのような見えない

雰囲気が日本を包みこんでいるような気がしました。


  帰りのドライブインで見たテレビでも新幹線や道路、飛行機

などで繰り広げられる「民族大移動」の模様を見て、「かわんねぇ

な~日本人。」と自分もその一人であることをかみ締めながら、

490kmの行程を走破したのでした。


  最後にGW中にお世話になった熊本県天草の母の実家の

皆様ならびに、その関係者の方々にお世話になったお礼と

ご迷惑をおかけしたお詫びを申し上げてGW詳報をお開きに

させていただきます。ほんとうにお世話になりました。
[PR]
by sexual_kota | 2007-05-07 17:58 | kotaの日記
  さあさあGW後半戦の後半戦、三日目行きます。

■5月5日(土)「子供達の言葉の刃」

  子供というのは純粋に残酷です。彼らは見たままのこと、ありの

ままの事実をこともなげに的確に表現する力を持っています。身の回り

の環境からその発想を制限するものをまだ認識していないからなのでしょうか。


  この日はいとこ達の子供達と触れ合う機会を多く得ました。かわいい。

抱きついてきます。小さい!!笑顔がまぶしい!!しかしながら

時の偉人は偉大な言葉を残します「きれいな花にはとげがある。」


  彼らは私に満面の笑顔を向けこう言います。「おっちゃ~~ん!!」

まあ彼らからしたら確かに私は叔父にあたりますwwでも私まだ21です…。

子供というのは純粋に残酷です。彼らは見たままのこと、ありの

ままの事実をこともなげに的確に表現する力を持っています。(二回目)


  彼らは「気を使う」という環境からその発想を制限するものをまだ認識して

いないので的確に事実を表現します。ふぅ…、まあ彼らからしたら20過ぎた

雄なんかみんな叔父さんですよね。私は「若い叔父さん」でい続ける決心をし、

アンチエイジングにこれまで以上の努力をすることにしました。
[PR]
by sexual_kota | 2007-05-07 17:48 | kotaの日記
  はい、GW後半戦日記二日目行きます。

■5月4日(金)「お辞儀の意味」

  この日は午前二時に目が覚めました。私の目を覚ましたのは

吐き気と頭痛でした。トイレに直行です。もうバウバウでした。

アルコールの摂取から数時間が経過していたので、もはや並一通り

の胃洗浄ではどうしようもない自体になっていました。私はこの一日

体調との戦いであると瞬時に理解しました。


  実はこの日はここ熊本に来た本来の目的である法事の儀式の

本番でした。田舎の法事は大忙しで、親戚一同がその身を粉にして

働き、その儀式をその後の懇親会を成功させるべく努力します。


  その中で私はというと、吐き気と頭痛で、できることといえば2畳

ほどのスペースをその身体で占領することしかありませんでした。

要するに役立たずでした。母やその他の女性方に謝罪しました。

多くのフォローを頂きましたが「君の戦力など端から期待していないよ

ボーイ☆」的なものでした☆


  まあな何とか本番の儀式までにはある程度の体調を快方に戻す

ことができました。そして次の課題が儀式中の「the 法事の作法」。

お坊様の読経の間どのような動きをすればよいのか、儀式前に誰か

に聞けず(体調不良による)わからなかったのです。


  そこで頼りにしたのは昨日酒を酌み交わした叔父の後姿でした。

私は前列の左端に座っていた叔父の動座を真似することにしたのです。

何せ本家の長男ですから、作法は心得ておられるだろうと見当を

つけたのです。


  おかげで儀式中の私の行動は完璧なはずでした。彼のする挙動を

全てコピーしたのですから。特に気を使ったのは彼のお辞儀でした。

彼はお経の端々でお辞儀をしていました。おそらく長年の経験でその

意味を知り尽くしているのでしょう。私はそう信じていました。


  こともなく儀式を終えて私は意気揚々と夜の食卓につき、親戚の

方々の話に耳を傾けていました。そこでとても耳寄りな情報を手にしました。

「●さん(先ほどの叔父の名)、あんた昨日相当お疲れやったみたいやね~、

法事中うとうとして、ずっとゆれておられたでないの!w」




  完璧にコピーしたのにな~~~~~~(泣)
  
[PR]
by sexual_kota | 2007-05-07 17:36 | kotaの日記
  どうもGW母の実家の法事に参加してきましたkotaです。

今日は数回に分けてこのGW後半の日記を書きます。どうぞ

お付き合いくださいませ。


■5月3日(木):「天草飲酒攻防戦」

  この日は私の地元の兵庫県加古川市から目的地である

熊本県天草市への総延長約490kmを我が家の愛車で走破

しました。13時間かかりました。両親と私の三人で交代して

運転しましたが、渋滞で皆披露しきっていました。


  長い道のりを乗り越えて遭遇したのが、母の実家の方々

の歓迎でした。まあつまり夕餉という名の飲みバトルです。

母の実家では杯の酒が枯れることはありません。親戚同士

酒の量が減れば注ぎ足し合うのです。まさに野球で言う乱打戦。

相撲でいう突っ張りあい。戦争でいう攻防戦、痴話げんかでいう

殴り合いです。うそです。


  でも楽しいんです!!ほんと!飲むほどに皆喜びますから。

でもその対価は重大なもんです。若輩な私はそれを知る由もなく

叔父と陸上自衛隊の話に花を咲かせながら酒を注ぎあい飲み

まくりました。次の日の頭痛と吐き気を恐れることもなく。
[PR]
by sexual_kota | 2007-05-07 17:14 | kotaの日記