JOJO立ちyeah!!!!!


by sexual_kota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

電車男

 今日は派遣のバイトで難波まではるばる行ってきました。
加古川からだとJR山陽本線で大阪まで行って、梅田から地下鉄でなんばまで。
時間にして1時間15分ってとこかな。今日は悪いことに電車で読む本もMDも
忘れてしまったので何もやることがなくなってしまった。
 1時間以上ただ座っているのもなんなんでやることを探すことに時間を費やすことにした。
まず風景を見たが見慣れた明石海峡は曇りで陰鬱な風情をかもし出していた。相変わらず
タンカーやらフェリーっぽい船やら混雑した海峡でそれぞれの船は白い波をたてて
それぞれの目的地を目指して進んでいた。まるで俺みたいだと思った。ただ俺には
彼らみたいに経済を担うほどの荷を運べるわけではないので船に少し嫉妬したww
 須磨を通過すると海から離れて神戸の町が見えてくる。神戸の町は東西に細長い町だ。
最近はオシャレスポットとして通っているらしいが、俺は南京町の中華街や、旧居留置とか
異国情緒あふれる神戸が好きでたまに行っては歴史のある風景を楽しんでいる。
 ここで電車に乗ってくる人の中にはオシャレな人がいて参考にするために観察。
オシャレな人はほんとすごい。コーディネート上手は本当にうらやましいね。
神戸を過ぎると芦屋、尼崎、大阪と進むわけだ。芦屋と尼崎の間には川がある。今は
季節がらライトブラウンと言うか薄茶色で川原はうめられて曇りとあいまって、冬の寒さがそれを誇るかのようだった。ここは春になると川原一面に桜がさいてそれは綺麗な風景になり、
終わりと始まりの季節に柔らかな優しい色を添えて人々をいざなうスポットに変わる。
 「春になるとこの川原は桜が目いっぱい咲き乱れるんだ。貴方はいう、あたしはうなずく。」
たしかaikoが歌ったうたを思い浮かべながら暖かい春の花粉症を心配した。
 んで「大阪~大阪~(JRの車掌のアクセント)。」で、御堂筋口から地下鉄へ。
道中黒人の方々に囲まれた。まる不必要にボディーガードを雇うガクトにでもなった錯覚を覚えた。結構楽しい。
 ボディーガードの兄ちゃん達と別れてから地下鉄に乗ったんだが、今日は外国人と縁とあるのだろうか、今度はブロンドの姉ちゃんと向かい合って座ることに。なぜだか目が合う。
ここで視線をそらしては大和魂がなく!!向こうもフィンランドの母ちゃんが泣くのかどうかは知らないけど、目をそらさない。午後の大阪市営地下鉄御堂筋線は俺とブロンドネエの間で
とても異様な雰囲気をかもしだしていた。そしてついに俺はなんば駅まで彼女と視線をそらさなかった。
 「日本人は変わったわね…。」か「また恋させたかしら…。」
と勘違いさせていたらどうしよう。でいることなら、彼女にあの時何を考えていたか尋ねてみたいもんだ。
 そんな感じで俺は1時間15分を消費した。
 
[PR]
by sexual_kota | 2006-01-31 22:52 | kotaの日記