JOJO立ちyeah!!!!!


by sexual_kota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自衛隊で訓練してきました。

どうも光と水と空気の奴隷kotaです。

夏休みに入ってから初めての投稿です。
その間私は7月31日~8月4日の5日間繰り広げられた
自衛隊の訓練に言ってきたのですが、
今日はそのお話。

 わたしが行ったのは陸上自衛隊予備自衛官補のA1訓練。
言って見れば、自衛官の下っ端の下っ端が初めて受ける
訓練に参加してきたと考えていただいて結構です。
日当7900円、衣食住全て無料で支給、交通費全額負担。
まぁ良い働き先ではないでしょうか?

 やったことは自衛隊内で生活する上でのルールを叩き込まれることでした。
食堂、風呂、売店、訓練、どこに行くにも集団で行進。
敬礼、行進、その他の動作は、かかと・腰・足の開き・ひじ全ての角度が
教本で決められています。
面白いのはその中で寝ることさえも作業とされることでした。
自衛隊では基本6:00起床ですが、それまではベッドから動いてはいけないそうです(驚)


 中で一番困ったのは裁縫とアイロンとベッドメイキングでした。
自衛隊では制服は支給されるのですが、名札や、部隊のワッペンは
自分で持参した針で縫い付けます。
また、常に泥だらけのイメージの陸自ですが、服装にはうるさくいつも
小奇麗にさせられます。
家庭科は得意でしたが、毎日炎天下の訓練の合間にそのような作業を
することはとてもハードで難儀しましたね。
まさか筋肉マンばかりの集団でこんな母性を発揮させられるとは
予想もしませんでしたから…。


 銃も触りましたよ。撃ちませんでしたが、礼儀作法・整備のさわりだけ学びました。
とても重かったです。炎天下でそれを長時間持ち続けるのはさすがにみな辛そうでした。
私も辛かったです。
でもそんな中でもオタク臭の強い秋葉系諸兄はとても元気でした。
やっぱり何か一つ好きなものがあるというのはとても強のだと感じましたね。


 飯は意外と美味かったです。しかし絶対的に時間が足りませんでした。
だからどの隊員もとにかく胃にかき込むことで必死でした。もちろん私も。
私と同じ部隊の人はことあるごとに「非合理的だ。」と言っていました。
確かに、もしあの食事がまずいものだったら完全に単なる苦行でしたね。


 仲間は結構できましたよ。基本的には同じ部屋、班ですが、
過密スケジュールの中助け合ううちに仲間は増えました。
まあ皆が皆うまく言ったというわけではないでしょうが…。
おおむね良好な関係を築きましたね。なんせ炎天下何時間も共に訓練した
「戦友」ですからww


 五日間過ごして学んだことは時間の大切さと、シャバのありがたさ。
私達は自衛隊の一般隊員が数年かける肯定を立った50日でこなすので、
スケジュールも時間との戦いです。結果全ての作業は分刻みです。
30分以上のまとまった時間なんてもらえませんでした。つまり全ての
ことに要領を要求されました。普段の生活は無駄だらけだと実感しましたね。
また、自衛隊内の生活は完全統制されていました。まるで刑務所です。
国を守るという使命感が無ければ数年持たないでしょう。
もちろん私も、自室から基地の外を無意識に眺める時間が増えましたww
訓練修了後、京都で仲間と飯を食いましたが、何と自由なことか。
昨日神戸で花火を見たのですが、涙が出てきました!!
まあおかげで時間にはしっかりしてきましたww
腕時計をちら見する癖が抜けませんww

 長々を失礼しました。訓練は今後も行われるのでなんかあったらまた書きます。
[PR]
by sexual_kota | 2006-08-06 23:52 | kotaの日記